ブログ

髪のダメージとシャワーの水(塩素)

梅雨時期は髪がうねる・広がる・まとらない

梅雨時期のお困りごとの一つに「ヘアスタイル」があります。

梅雨時期の湿気で、

髪が広がる・うねる・まとまらない。

(TOT)

こんなお悩みの方、おられると思います。

 

湿気で髪が広がってしまう原因は、

髪のダメージ

(T_T)

梅雨時期の湿気や汗、これらの水分は、髪のダメージを受けている部分から髪の内側に入り込んでいきます。
余分な水分が入り込んだ髪は、広がってしまったり、ぺたんこ髪になってしまったりと、私達を悩ませるのです。

 

髪のダメージ何とかしたいですよね。

 

髪をケアする方法・ダメージを避ける方法はいくつかありますが、

 

今回は、「水」から髪のダメージについて考えてみようと思います。

 
 

髪のダメージと水

入浴やシャワータイムで髪を洗う際、何か気をつけていらっしゃいますか?

・シャンプーなどのヘアケア用品をこだわっている。
・髪の洗い方!・・・「髪をガシガシ洗う」では無く、優しく髪を洗うようにしている。

などダメージを減らすポイントは色々ありますが、

そのポイントの中に
「水」という重要なポイントもあります。

ガイアの水に興味を持ってもらった方でしたら、既に気にされていると思いますが、
水道水に含まれる「塩素」

この塩素が、髪のダメージの原因!
天敵だったりします。

 

こんな経験ないですか?
「プールで泳いだ後、髪がキシむ」
(´;ω;`)

 

これはプールの消毒に使っている塩素が原因です。
塩素が、髪のキューティクルを破壊しているのです。

 

キューティクルの壊れた部分からは、潤い成分が流れ出てしまいます。
結果、髪がはパサパサ・キシキシになってしまうのです。

さらに塩素には漂白効果もあります。
白髪染めなど、髪の毛を染めていても、色が褪せてしまうのも早くなってしまいます。 

また、塩素は皮膚の乾燥にもつながります。
当然頭皮の乾燥にもつながるので、頭皮がかさつくなど頭皮環境に悪影響を与えます。

髪のダメージを減らすためには、塩素を避けることがとても大切なのです。

 

 

ヘアケア用品を変える前に、水を変えるてあげてください!

ヘアケア用品の中には、ビタミンC配合のコンディションやトリートメントという商品があります。
ビタミンCには抗酸化作用が期待できますので、髪の成長を促し地肌の健康回復を助ける、そんな髪や頭皮に優しいヘアケア用品があります。

ここで注意したいことが、

「塩素はビタミンCを破壊する」

というこわーい塩素の特徴。
(´Д⊂ヽ

ビタミンCは塩素と強力に反応して、ビタミンCは無くなり、塩素は中和されます。
この反応を利用して、一般的な浄水器の中には、塩素除去剤としてビタミンC(アスコルビン酸)が利用されている物もあります。
※ガイアの水浄水器には採用されておりません。

 

せっかくビタミンC配合のコンディションやトリートメントで髪のケア・頭皮のケアをしても、その後塩素を含んだシャワーで流すと、ビタミンCもキレイに消えてしまいます。

効果の減少・半減・消滅。
いずれにしろ・・・とっても残念ですよね。
(T_T)

 

ヘアケア用品を変える前に、水を変えることが重要かもしれません。

髪をケアするベースをしっかりと整えてから、必要なヘアケアアイテムを揃えていく。

 

水を変えて、髪のダメージを減らし、梅雨時期の髪のひろがり・うねりを解消しちゃいましょう。

 
 

◇ガイアの水135製品に関するご案内◇
◇ガイアの水135製品のご注文は、こちらのページからできます。
↓↓↓
>>ご注文ページ<<
 
 
ガイアの水135ガイドブックをメールで無料配信中
↓↓↓
「ガイアの水135であなたの生活はどう変わる?」

関連記事

ガイアの水1

最近の記事

ガイアの水1
 
ガイアの水 カートリッジ定期交換
 
ガイアの水 浄水器 取り付けできる?
 
私たちの心と体を作っている水
知ってほしい水の事
LINEでもお伝えしています。

友だち追加数

ページ上部へ戻る