ブログ

家庭に湧き水のある生活〜ガイアの水の特徴・他の浄水器との違い〜

浄水器を比較検討されている方より、「ガイアの水の特徴」「他の浄水器との違い」について多くご質問いただきます。

水選びは、私達の健康にとってとても重要です。
世の中にはいろいろな浄水器がありますので、浄水器選びで悩まれることも多いかとおもいます。
浄水器により、特徴も金額もさまざま。

今回の記事では、私の知り得る範囲で、ガイアの水の特徴・他の浄水器との違いをお伝え致します。
ご参考ください。
 
 

特徴は”自然の湧き水”

ガイアの水の一番の特徴は、自然の湧水に近い水であることです。

自然の湧水とは、自然の鉱物などを含んでいる水の事です。
また自然の中を流れてくることで、自然のエネルギー(生命が喜ぶエネルギー)を蓄えている水と思っています。

ガイアの水の浄水器には、生命の喜ぶエネルギーである「テラヘルツ鉱石」が使われています。
このエネルギーを持った水は、腐敗を抑え、発酵を促す水になります。
・発酵とは生命にとってプラスになる変化
・腐敗とは生命にとってマイナスになる変化
 
私たちの体は日々飲む水から作られています。
できれば、体(細胞)の喜ぶ発酵を促す水で、この体を作ることができればと思います。

 
 
ガイアの水浄水器の浄水能力は、高水準にありますが、浄水能力だけを比較した場合、他にも同様の浄水性能を持った浄水器はいくらでもあります。
浄水性能のみを比べ、購入するのであれば、他の製品を買われたほうが価格は安いかもしれません。

しかし、湧水を自宅で飲むことができるガイアの水のような浄水器は、他に無い(若しくは、種類は少ない)と思っています。

 
 

ガイアの水浄水器の浄水性能

ガイアの水135浄水器の浄水能力は、製品によって除去できる項目数・除去率が異なります。

ポット型浄水器・水筒型浄水器の場合
↓↓↓

ポット型浄水器・水筒型浄水器が除去できる物質は、JIS(=日本工業規格)が定める浄水器の除去対象物質(全13種類)の全ての項目において、基準をクリアしています。

蛇口用浄水器の場合
↓↓↓

除去項目除去率
遊離残留塩素80%
溶解性鉛80%
2MB(かび臭)80%
CAT(農薬)80%
※蛇口用カートリッジろ過水量3000L
※ろ過流量:3リットル/分
※JIS S 3201試験結果

蛇口用浄水器の特徴は“浄水量”にあります。
浄水可能量3,000リットルは、量を気にせず思いっきり使える量です。
飲用・料理用だけでなく、手洗い・うがいなど生活の様々な場面で浄水が使えるのは嬉しいです。
 
 

家庭に湧き水のある生活

浄水器を比較検討する際、浄水性能は分かりやすい比較基準ですが、浄水性能が高すぎる水=不自然な水であるようにも思います。
※あくまで私個人の考えではありますが・・・。

自然の湧水には、ミネラルなどの不純物が含まれています。
さまざまなミネラル・自然のエネルギーなどが含まれているからこそ、湧き水は体の隅々に沁み渡る。
体の隅々に沁み渡るからこそ、湧き水は体が喜び美味しく感じるのだと思います。

 
 
日本国内の水道水は、安全な水です。
塩素やトリハロメタンなど、水道水から取り除きたい物質はありますが・・・。

日本国内の水道水は、水道法の基準が厳しく、ミネラルウォーターなどの他の水と比較した場合、一般的には水道水の方が安全な水といえます。
※ミネラルウォーターなどの水は、”食品衛生法”で規制されています。
水道法と食品衛生法を比較した場合、水道法がより厳しい規制(基準)となっています。

この良質な水道水から、塩素やトリハロメタンなど最低限取り除きたい物質のみ取り除ければ良いのかもしれません。
つまり、浄水器の浄水性能は必要最低限の除去能力があれば良いと思っています。
 
 
自然の湧水だけで、生活の全ての水を賄うことができれば、これほど嬉しいことはないですよね。
しかし現実には難しい・・・。

ガイアの水135浄水器を使うことで、家庭で簡単に“湧水のある生活”をおくることが出来ると思っています。
 
 

◇ガイアの水135製品に関するご案内◇
◇ガイアの水135製品のご注文は、こちらのページからできます。
↓↓↓
>>ご注文ページ<<
 
 
ガイアの水135ガイドブックをメールで無料配信中
↓↓↓
「ガイアの水135であなたの生活はどう変わる?」

関連記事

ガイアの水1

最近の記事

ガイアの水1
 
ガイアの水 カートリッジ定期交換
 
ガイアの水 浄水器 取り付けできる?

ページ上部へ戻る