ブログ

ガイアの水135でアトピーが軽くなる!?お風呂の水から塩素除去する浄水器・シャワーヘッド

2016.05.29
2019.07.23

「お風呂のお水の塩素が、アトピー性皮膚炎の肌に良くない」って聞かれたことがある方も多いと思います。

ご存知の通り、水道水には塩素が含まれており、多くの人がその水道水を塩素除去すること無く、お風呂の水としてつかい入浴されていると思います。
この水道水内の残留塩素が人の肌に刺激を与えアトピーの原因の一つとなっているかもしれませんよ。 

ガイアの水浄水器で乾燥肌(アトピー)を刺激する塩素を除去

「水道水内の残留塩素は有害であり、人の肌に刺激を与える」という事は、ご存知でしたか?

現在では当たり前のように、塩素が使われています。
塩素は少量なら人体には害はないとされ、水道水やプールなどで雑菌消毒として活用しています。

しかし塩素は本来強い毒性を持っています。
歴史的には人類初の化学兵器に使われたほどです。

そんな塩素を少量だから問題ないとし、飲料水にしたり、お風呂のお湯にしているのです。

しかし本当に大丈夫なのでしょうか?

肌にトラブルの無い人でしたら、問題無い水道水の入浴も、アトピー性皮膚炎のような、乾燥肌や肌の状態が悪い場合は塩素の刺激に負けてしまいやすいということも考えられます。

「プールに入った後、目が充血している」って事よくありますよね。
これは塩素が目の粘膜を刺激し傷つけている事による、体の反応です。

粘膜は皮膚と比べて刺激に対して弱いので、直ぐに反応が出てきます。

そしてアトピー性皮膚炎の人の肌も同じです!
アトピー性皮膚炎の人の肌は、乾燥し、表皮がめくれ上がり、肌のバリア機能が低下している状態です。
外界からの刺激をダイレクトに受けてしまうと考えられます。

実は、水道水の入浴は一般の肌の人でもダメージを受けています。
入浴後は肌がカサついてしまう・肌が突っ張るといった事はありませんか?

これこそ肌がダメージを受けている証拠です。 

「入浴後の肌のカサつきに乳液を塗りましょう!」
「入浴後のスキンケア」
こんな商品を見ることもあると思います。

もちろんこれはお湯に浸かることにより、肌から油分が抜けてしまい、反対にお風呂から水分を身体の中に蓄えていきます。(肌がふやけるといった状態の事。)
このとき、水分と一緒に水の中の残留塩素もからだに取り入れてしまうのです。
つまり一般の肌の人でも肌は刺激を受けてダメージを受けているのです。

アトピー性皮膚炎の人がお風呂から受ける刺激はどれほど大きいものか!想像できますよね。

こんな風に肌にダメージを与えてしまう、お風呂のお水の残留塩素。
ではいったいどうしたら良いのでしょうか? 

乾燥肌(アトピー)の人が安心できる浴室の塩素除去方法

お風呂のお水から残留塩素を取り除くはいくつかあります。

ビタミンCを使った、除去方法

ビタミンCの粉末というものが販売されていますので、これをお風呂のお湯に混ぜるという方法があります。

ビタミンCの粉末を混ぜると、ビタミンCと塩素が酸化還元反応をおこします。
それで塩素が無くなり、最終的に「ビタミンC」と「塩」と「水」になります。
これで湯船の中の塩素除去することができます。

しかしこの方法には、二つの問題点が・・・

問題点①:時間がかかる

ビタミンCの粉末を混ぜたら一気にお風呂のお湯全て塩素除去できるわけではありません。
しばらく時間が必要です。

一般的なお風呂のサイズ(200リットル)の場合、概ね入浴前1時間くらい前には粉末を入れておく必要があります。
粉末を混ぜて直ぐに入浴できないというデメリットが有ります。

問題点②:塩素ガス問題

お風呂のお湯を溜めて、ビタミンCの粉末を投入して、約1時間お風呂に入れない。
その1時間の間も塩素ガスが発生しています。

もちろん徐々にその発生量は減っていくでしょうが、発生した塩素ガスは浴室内に滞留しています。
塩素サウナ状態!!

このガスを吸い込んだり、肌が触れるだけでも塩素の影響は受けてしまします。

塩素ガスは発生させない事が大切です。

ではどういった方法があるのでしょうか?

浄水器(ガイアの水135浄水器)を使う方法

飲料水と同様、浴室にも浄水器を設置することを大切です。
浄水器なら、浴槽にお湯をはった直後から入浴できますし、塩素ガスは発生しません。
ビタミンCの粉末を混ぜるよりも簡単で安心ですよね。

おすすめのシャワーヘッド浄水器

シャワーの水は水の粒が小さくなり水の表面積が大きくなります。
結果塩素の経皮吸収が大きくなります。

さらにシャワーの水は気化しやすく、塩素ガスが発生しやすくなります。

シャワータイプの浄水器の場合、シャワー利用はもちろんですが、シャワーから湯船にお湯を溜めることだってできます。

シャワヘッドの浄水器を取り付けることで、浴室の塩素の問題は解決ですよ。

もちろん使用状況に合わせて、適切な時期にカートリッジは交換してくださいね。

ガイアの水135シャワーヘッド体験談

出張先でのお風呂で肌への痒み

普段は自宅でガイアの水シャワーヘッドを使って入浴しています。
先日出張先のホテルで入浴中、肌への強い痒みを感じてついつい掻きむしってしまいました。
入浴後も肌の痒みは続き、肌に傷が・・・。
何であんなにお風呂で痒くなったのか、あとあと考えてみると、【お風呂の水のせい?浄水器を通した水じゃないからかも。】と考えるようになりました。
出張から帰り、自宅のお風呂ではこれまで通り、痒みを感じること無く入浴できています。
今でこそ、ガイアの水シャワーヘッドがあることが当たり前の生活をしていますが、今回のように、普通の水道水のお風呂にはいると、お風呂の浄水器は大切さがよく分かりました。
Tさん

アトピーの私、肌と髪ツヤ違う!
私は体質的にアトピーで美容師であることも重なり年中手荒れがひどく、毎日の入浴がとても苦痛。
「ビビアンシャワー」を使用してから手荒れが改善され、入浴が楽しくなりました。
それから頭皮の汚れがきちんと取り除かれている証拠に根本がふんわりと立ち上がり、ブローもしやすいです。
髪のつやも良くなり、毛量も増えている感じがしますね。
人をきれいにして、美しく幸せにできる「ビビアンシャワー」はおススメですね。
ビュティーサロン スタイリストNさま

アトピー、水が変わると再発
アトピーで寝ながら血が出るほど掻いていました。
が、シャワー取り付けて数日、夜掻いてなーい。
もちろん、ガイアの水135浄水器の水をガブガブ美味しい!!
しかし、水が変わったせいで修学旅行でアトピー再発しました。
現在回復中です。
京都 学生の方

 アトピー性皮膚炎の原因は一つではないと思いますが、水は重要なポイントだと思います。
なぜなら人の体の60%以上は水です。
水を変えることで、身体・肌の状況は変わると思いませんか!?

アトピー・乾燥肌・肌トラブルで悩んでいる方、お風呂のお水のこと一度考えてみてくださいね。

ご案内

◇ガイアの水135製品のご注文は、こちらのページからできます。
↓↓↓
>>ご注文ページ<<

ガイアの水135ガイドブックをメールで無料配信中
↓↓↓
「ガイアの水135であなたの生活はどう変わる?」

関連記事

ガイアの水浄水器購入について

最近の記事

愛用者登録方法について

ガイアの水135ガイドブック

海外でガイアの水浄水器を利用する方法

ガイアの水浄水器購入について
ページ上部へ戻る